メンズボディデザイン

メンズボディデザイン
Pocket

メンズボディデザイン 【Mens' Body Design】 ~男が身体を改造する方法~ 間違った筋肉トレーニングやダイエットはもう終わりにしよう!

 

夜も眠れないほどに悩んでいました

ネットで体質改善のことを調べていたら、SHINOBUさんのサイトを偶然見つけたのがきっかけで本格的に体質改善に取り組み始めました。
 
健診で中性脂肪が300以上と高く、医師から注意されたんですが、中性脂肪が高いことは動脈硬化につながると脅され、SHINOBUさんの方法を実行する前は日々不安で夜も眠れず、日々悩んでいました。
 
このままではもっと体調を崩してしまうと恐くて、どんな難しい方法でも実行するしかないという覚悟をしていました。
 
しかし、実際のボディデザインメソットはとても簡単で、思ったより取り組みやすかったです。
 
現在では中性脂肪は正常値の100近くまで下がり、医師には生活習慣病のリスクが減ったと言われました。
 
将来の健康に対する不安がなくなり、それまで控えていた上司からのお酒や食事の誘いにも積極的に同行することができるようになり、よく眠れるので生活にも全く支障がありません。
 
SHINOBUさんを信じて続けて実行して本当に良かったです。
 
ありがとうございました。
 
(奈良県 岡林 光智さん 37歳)
 

2週間でウエストが7cm落ちました

もともと体は健康な方だと思っていたのですが、ウエストが90cmを超えていて世間でいうメタボだと分かってからは、そんなのはあてにならないのだとよく分かりました。
 
最初にメタボだと分かった時も、「まあそのうちに良くなるだろう」くらいに軽く思っていました。
 
ところが、良くなるどころかズボンのウエストがだんだんきつくなっていくことに気づき、焦りました。
どれだけ食事制限しても一向によくならなかったからです。
 
自分に合うサイズの服を探すのが面倒で、いつもユニクロのXLサイズのスウェットを着るようになりました。それからは悩む日々が続きました。
 
普段コンビニに行くぐらいならいいんですが、休日に電車に乗って出かける時などに着ていく服に変化がなく、冬はパーカーと色あせたジーパン、夏はダルダルのTシャツと短パンという、ワンパターンになってしまうんです。
 
昔はいろんな服を着こなせため、これまでの自分とは全く違った人間になってしまったように感じる日もありまた。
 
でもこの方法を実行し始めて2週間で、いきなりウエストが7cmも落ちてびっくりしました。
 
一般的なサイズの服を着ることができるようになったので、ユニクロなどのファストファッションブランドでも選択肢が増えた気がします。
 
大きいサイズの服は値がはったので、現在まで服にかけていたお金を節約できるようになり、生活にゆとりも出てきました。
 
何より、昔の自分を取り戻すことができたようで、とても嬉しいです。
(千葉県 高木さん 29歳)
 

以下は、スポーツジムでよく聞く話なのですが・・・
もし、貴方もこのような悩みを抱えているのであれば、今からの話は重要です。
 
なぜなら、貴方がダイエットやトレーニングで思うような結果が得られない理由は、実は意外なところにあるからです。
 
この20年間、ダイエットや肉体強化について実に様々な方法が紹介されてきました。
 
しかし、ご存じでしょうか?
実は日本のトレーニングやダイエットの知識は欧米に比べて大きく後れをとっています。
 
さらに言えば、日本ではかたよった情報やまちがったマニュアル、古い常識であふれている現状があるのです。
 
たとえば、貴方は次のようなトレーニングやダイエットで失敗した経験はありませんか?
一時的に筋力アップしますが 一定まで筋肉が付くと あとは伸びて行きませんまたトレーニングを止めると すぐに筋肉が脂肪に変わってしまう特徴があります。
 
自己流の食事制限で急激にやせると 大きなリバウンドがきます。
 
特に多くの人が知っている「一食抜き」「置き換え」「炭水化物カット」等の食制限は 貴方の基礎代謝を下げてしまう可能性があります。
 
「ジムに行っている」という安心感で、食べ過ぎてしまったことはありませんか?
また ジムへ通うこと自体が目的になってしまい結局体型はほとんど変わらないという人は とても多くいます。
 
これらはほんの一部にしか過ぎませんが、多くの日本人が陥る間違いです。
 
誤った知識や無理な方法が、目的を叶えないだけではなく、逆効果になることがあるのです。
 
これらの誤った方法では、どれだけ頑張っても黒人ダンサーのような、引きしまった美しい身体を手に入れることは出来ません。
 
だからもし、貴方がこれまでダイエットや筋肉トレーニングに成功しなかったとしても心配ありません。
 
この事実を知ってしまった貴方は 今日を境に変わります。
 
貴方は1日7分、あることをくりかえすことでという嬉しい効果を21日後に実感することになるのです。
 
しかも、それは貴方が現在、何歳だろうと関係ありません。
 
「自然で健康的な細マッチョになりたい」
「スポーツに必要な、確かな筋肉がほしい」
そんな貴方にぜひおすすめしたいのがこのプログラム。
 
これを実行することにより、貴方は5日間で身体の余分な肉が落ちて少し引き締まってきたことを感じ、10日間で体つきが目に見えて変わり始めていることに気づくでしょう。
 
他でもない私自身が、ウェスト100センチから体脂肪率6%にすることが出来た、この方法で!
 
メンズボディデザイン 【Mens' Body Design】 ~男が身体を改造する方法~ 間違った筋肉トレーニングやダイエットはもう終わりにしよう!
 
はじめまして、ボディデザインアドバイザーのSHINOBUと申します。
 
私は現在、ボディデザインアドバイザーとして活動しておりますが、もともとは普通の会社員で、スポーツ選手でも何でもありませんでした。
 
20代で、超ガリガリの貧弱体型。
 
30代で、お腹まわりが100cmを超えるメタボ体型。
 
現在でこそボディデザインを教えているほどですが、実は私も体型に悩み、何度もダイエットに失敗してきた経験の持ち主でした。
 
そんなときに一番つらいのが、まわりの視線です。
 
「男のくせに貧弱で弱そう……」
「おなかがポッコリ出てだらしない……」
そんな声が聞こえる気がするのです。
 
実際、陰ではそう言われていたのかもしれませんが、コンプレックスは常につきまとい、自分に自信が持てない日々が続きました。
 
「やせたい」、「筋肉をつけたい」、そんな悩みが頭にこびりついて離れません。
 
温泉やプールに海水浴、何かあるたびに、
「ああ、もう、こんな体型とお別れしたい!」
と思ってトレーニングやダイエットを始めるのですが、結果は散々なものでした。
 
何度も失敗を繰り返すうち、「一生このままかもしれない」という不安が頭をよぎるようになりました。
 
やっぱり、よほどハードなトレーニングでもしない限り、肉体改造なんて無理なのでしょうか?
そう思って諦めていた8年前、私は仕事で滞在していたニューヨークで出会ったある人物より、未だ日本には入っていない、画期的なボディデザイン法を教えてもらいます。
 
そして、肥満の悩みをありえないスピードで解決することになるのです。
 
そのボディデザイン法を知り、これまで独自にトレーニングやダイエット法を学び、実行して来た私は打ちのめされました。
 
なぜなら、ニューヨークで出会ったその「ボディデザイン法」は、「日本では多くの人達が知らない画期的な方法」ばかりだったからです。
 
日本で広まっているトレーニング法やダイエット法筋肉トレーニングは、なんと無駄が多く、効果が少なかったことか…。
 
現在でこそ、はっきりと分かることですが、日本には夢物語のような
「トレーニング神話や「ダイエット神話」が数多く存在することです。
 
例えば、
?短期間の筋肉トレーニングだけでいきなり「細マッチョ」になる。
 
?○○のサプリをトレーニング後に摂取すると、劇的に脂肪が落ち、肉体が改造される。
 
など、私自身、自分の身体を実験材料として、いろいろなトレーニングを実行し、食事やサプリもあらゆるものを試してきたので断言できます。
 
世の中、そんなに都合のいい話はありません。
 
多くの場合、極端なトレーニング方法の裏にはツライ副作用が待っています。
 
こんなことを言っている私も、昔は全くボディデザインを分かっていませんでしたが(恥)・・・
しかし、ニューヨークで出会ったある人物から、日本人で唯一学ぶことが出来たボディデザイン法が、私の肉体を、そして人生さえも変えてしまいました。
 
この事実をふまえてこれから、長期間の試行錯誤の上に完成したボディデザインメソッドをお伝えしていきますが、その前に20代・30代私自身に起きてしまった実体験をお聞きください。
 
恥ずかしい話ではありますが、参考になるかもしれませんので少しお付き合いください。
 
衝撃の実話と共に、貴方の理想を叶える最も簡単な方法をご紹介しましょう。
 
現在でも鮮明に覚えています。
 
自分の体つきを何とかしたいと思ったもともとのきっかけは、好きだった女性から言われた強烈な一言でした。
 
「私、もっとガッチリした人じゃないと、男として見られないの。」
「だから、ごめんなさい。」
当時の私は身長175センチで体重55Kg。
 
確かに自分の体がガリガリで貧弱だとは気づいていましたが、腹が出てないことがちょっとした自信だったので、とにかくショックでした。
 
「自分は男として見られないような身体なのか?」
この時、貧弱な体に対するコンプレックスがはっきりと生まれました。
 
そして、人生初めての肉体改造を試みるようになるのです。
 
しかし…
とりあえず、いろんな筋肉トレーニング本を読みあさり、トレーニングに励みました。
 
現在流行っているような、クイックマッスル法も試しました。
 
体重も増やしたいので、池袋の「焼肉食べ飲み放題」の店に週に何度も通いました。
 
その成果は出てきて、52Kgあった体重は一気に86Kgにまで増加しました。
 
体型は確かに変わりましたが、それは私の望む結果ではありませんでした。
 
イメージしていたムキムキというよりはゴワゴワな感じで、今で言う「固太り」体型になってしまったのです。
 
筋肉もあるけど脂肪もある感じです。
 
3年ぶりの同窓会で、仲の良かった友人からも
「お前、誰?」
「小さなプロレスラーみたいだな。」
と言われるほどの激変ぶりでした。
 
さらに、問題は見た目だけではありませんでした。
 
身体が前よりも重く感じられ、息が切れやすくなったのです。
 
そして、段々と運動するのがおっくうになり、私の体には最悪な変化が起こり始めたのです。
 
なんと、ついていた筋肉が、運動を止めた途端にどんどん脂肪になっていったのです!
気がつけば、一生懸命つけた筋肉がほとんどぜい肉になってしまいました。
 
体脂肪率は軽く30%を超え、体は目も当てられないほどブヨブヨに…。
 
こうなると、誰が見ても明らかに太っています。
 
「こんなはずじゃ無かった…。」
私は失意の底にいました。
 
しかし、そんな状況の私に、さらに追い打ちをかける出来事が起こったのです。
 
会社での健診の時です。
 
「貴方、このままだと早死にしますよ」
心臓を一突きにされるような一言を、医師に言われてしまいました。
 
それもそのはずです。
 
検査結果をみると、高脂血漿、高血圧、高コレステロール、全ての数字が危険水域に達していたのです。
 
「30代でまだ死にたくない!」
焦った私は、初めてプロのトレーナーと契約し、ジムに通いだしました。
 
そして、筋肉トレーニングのメニューを個別に作ってもらい、トレーニングに励みました。
 
とにかく体をしぼらないといけないと医師に言われていたので、深夜のラーメンをやめる、油物は控える、炭水化物は控える、また晩御飯を抜くなど、自己流ですが厳しい食事制限もしました。
 
ダイエットも合わせ、人生で一番我慢を強いられた期間だったと思います。
 
その結果、1年でなんとか20Kg落とすことに成功したのですが・・・
トレーニングを頑張りすぎて身体を傷めてしまったのです。
 
治療のために1ヶ月間トレーニングを休んだのですが、それがいけませんでした。
 
急激なダイエットをした後に1ヶ月もブランクをあけると、体が元に戻るスピードもまた早いものです。
 
トレーニング量を落としても、以前通り食べ続けた結果、わずか半年で体重が20Kg増加してしまったのです。
 
あっという間に元の体型に戻ってしまいました。
 
「これがよく聞くリバウンドかよ…。」
人間って簡単に太ることができるんだ、と初めて身をもって知りました。
 
「大丈夫!大丈夫!」
私は、激しくリバウンドした後でも、「またすぐにやせられる」と思っていました。
 
しかし、世の中そう甘くはありませんでした。
 
今度はどれだけ運動してもなかなか体重が落ちないのです。
 
ジムに行っても前みたいにやせません。
 
前と同じように運動してもあまり効果がないのです。
 
結果が出ないからだんだん運動するモチベーションも下がってきます。
 
年齢が上がったのも原因のひとつではありますが、それよりも、体質的にやせにくくなっていたのです!
これが正しくない方法で過度なダイエットをした結果、支払うことになった大きな代償でした。
 
しかし、私は諦めませんでした。
 
脂肪吸引のため、30万円かけてメンズエステにも通いました。
 
ところが、エステを出た瞬間にはやせていても、またすぐに戻ってしまうのです。
 
「もう自分は一生やせられないのではないか……?」
「ずっとこのままの体型なのか」
「医師に言われた通り早死にするのでは……??」
この時ばかりは絶望していました。
 
しかし、ある人物との出会いをきっかけに、私の体は劇的に変化し始めるのです。
 
その出会いがあったのは、ニューヨークでした。
 
私は当時アメリカで仕事をしていて、ジムに通っていたのですが、更衣室で、ある黒人男性の体つきを見て驚きました。
 
引き締まった筋肉。分厚い胸。
 
まるで彫刻のように見事な身体でした。
 
生まれて初めて、男性の身体を見て「美しい」と思いました。
 
こんなの日本では見たことない。
 
日本人と黒人の体つきは違うとはわかっていたけど、同じ人間でもこれほど違うものなのか?
自分もそんな身体になれないものか?
そう思った私は、我慢できずに思わず行動に出ました。
 
「どうやって鍛えているのですか?」
勇気を持ってカタコトの英語で話しかけたのです。
 
そして、その黒人男性が教えてくれた方法に耳を疑いました。
 
「そんな方法、日本では全然知られていない……」
しかし、彼の肉体には説得力がありました。
 
その黒人男性の名は「Mr.アーロン」。
 
アーロンはニューヨークでボディデザインのトレーナーをしていました。
 
カロリー大国にもかかわらず「太っているやつは自己管理能力が無い!」と思われるのが普通の東海岸(ニューヨーク)で、彼は知る人ぞ知る名トレーナーでした。
 
私は彼に師事して、徹底的に身体作りを学びました。
 
その結果、私の身体はみるみるうちに引き締まり始めました。
 
何の無理もしていないのに、体脂肪は10%を下回り、6ヶ月で20Kgも体重が落ちたのです!
さらに、憧れだった 割れた腹筋 はもちろんのこと、現在まで筋肉が付かないだろうと思っていた脇腹や背中にも、日本人離れした筋肉が付き始めたのです。
 
これまで苦労した数年がウソのようでした。
 
たった6ヶ月で私は理想のボディを手に入れたのです。さらに、それだけではなく現在に至るまで体型を維持できるようになりました。
 
一切の無理をともなわずに…。
 
日本に帰国してすぐのことです。
 
「おまえ、何その腕!?」
「アメリカで、ステロイドでもやったのか?」
「脂肪吸引手術でもやったのか?」
あまりに私の肉体が変貌したのに驚き、仲間が私の元に秘訣を聞きにやってきました。
 
私は包み隠さず、アーロンから学んだトレーニング方法、栄養摂取の方法、そして体づくりの秘訣について教えてあげました。
 
その時ですが、仲間との会話で驚いたことがありました。
 
「ジムに行ってもやっぱり意味無いのかな…?」
仲間の一人がつぶやいたのがきっかけでした。
 
話を聞いてみると、彼は週に2~3回もスポーツジムに通っているのにほとんど体型が変わらないそうです。
 
中にはパーソナルトレーナーをつけて個別メニューをこなしているのに、なかなかやせず、筋肉もつかないと悩んでいる人さえいました。
 
ところが、そんな彼らでもアーロンから学んだボディデザイン法を試してからすぐに、身体が以前より引き締まり、思い通りに筋肉がつき始めたのです!
しぶとくお腹に居座っていたビール腹がごっそり取れて、ずり落ちてはけなくなったズボンを全部買い替えた人もいました。
 
「ガリガリ君」という 悲惨なニックネームをつけられていたS君に至っては、キックボクサーのような美しい引き締まった筋肉をつけることに成功しました。
 
最初は仲間達へのボランティアでしたが、この経験をきっかけに、私は、ボディデザインアドバイザーの道を歩むようになったのです。
 
しかし、日本で本格的にこの仕事をするようになって分かったことがあります。
 
それは、アーロンから学んだボディデザイン方法を、更に日本人に適した方法に作り変える必要があるということです。
 
その理由は2つあります。
 
1つ目の理由は、これはもともと超肥満のアメリカ人の体脂肪をごっそりと取り除き、美しい筋肉をつけるためのプログラムだからです。
 
体型も体質も違う日本人には、効果が過激すぎるのです。
 
2つ目は、アメリカと日本の食文化と生活環境の違いです。
 
多くの忙しい日本人は、コンビニ弁当などカロリーの高い食べ物を、不規則な時間に摂ります。
 
そのため、代謝が悪くなり、欧米人に比べて太りやすく筋肉が付きにくい体質になってしまいがちです。
 
そこで私は、日本人のライフスタイルに合わせて、アーロンのボディデザイン法をアレンジしました。
 
中でも、食事制限については、「一食抜き」、「高カロリー禁止」などのただ我慢すれば良いだけの、日本で広まっている方法とは一線を画します。
 
この方法を知れば、貴方は何の我慢をすることもなく、脂肪を減らすことができます。
 
なぜかというと…
女性誌のダイエット特集でよく取り上げられている「置き換えダイエット」などの食事制限を、最近では男性も取り組んでいるところをよく見かけます。
 
貴方も、これまでに試したことはありませんか?
もし、現在でも試しているのであれば逆効果ですのでやめて下さい。
 
実は、このような極端なカロリー制限が、貴方が目指す理想的なボディ作りのさまたげになっていることがあります。
 
どういうことでしょうか?
結論を言うと、間違えたカロリー制限は脂肪よりも先に、貴方の筋肉を落とす原因になります。
 
それも、あっという間に…。
 
人間の身体は脂肪を燃焼させるよりも先に、代謝を落とそうとします。
 
代謝量は、その人の筋肉量で決まります。
 
つまり、脂肪を燃焼させるには筋肉が減ってはいけません。
 
間違えたカロリー制限で筋肉が落ちてしまうと、貴方の体は脂肪しか残らないプヨプヨの体になってしまいます。
 
しかもそうなると、やせにくく、脂肪はたまる一方です。
 
これはあまり知られていないことですが、間違った食事制限で体重が増えてしまうといったことは、実際によく起こっているのです。
 
貴方が体脂肪を落とす為に必要な食制限は、我慢の一点張りではいけません。
 
大好きな白いご飯、肉料理、アルコール、晩御飯を ただ我慢するのは貴方にとって、ツライだけの結果を生むことになります。
 
では、どのような食制限が必要なのか?
この事実を知って頂く為にも、カロリー大国USAにいながら、理想体型を維持しているニューヨーカーの例をあげますが、驚かないでください。
 
彼らは、朝・昼・晩ときちんと3食を食べ、量も減らしません。
 
ただ、食材選びや食べ合わせ、時間、食べ方、食べるポイントをおさえているだけです。
 
高カロリー食品に囲まれた彼らニューヨーカーでさえ簡単に取り組めてしまう内容なので、日本人である貴方がこの食制限法を真似するのはとても簡単です。
 
貴方は、この「ボディデザイン法」で明かされる食制限のコツを知ることで「我慢」を感じることなく、脂肪の減少に成功するでしょう。
 
むしろ、脂肪を落とすのはとてもカンタンという事実に気づくでしょう。
 
しかし、貴方の理想はそれだけではありませんよね?
ここからが本題です。
 
今から、貴方がタフでセクシーな肉体を身に付ける為の、効果的で簡単な方法についてもご紹介しましょう。
 
大切なことなので、まず頭に叩きこんで下さい。
 
今回貴方が手に入れる「ボディデザイン法」というのは、よくあるトレーニングプログラムを繰り返すだけのものではありません。
 
しかし、短期間で5~10Kgの無駄な脂肪を燃やし、筋肉アップできるものです。
 
その秘訣は何か?
それは、短時間で効率よくトレーニング効果を得るために、肉体改造を妨げる要素を徹底的に取り除くというポイントがあるからです。
 
食制限でも同じですが、日本では本当に間違えた知識がトレーニングにおいても根付いてしまっています。
 
まずは、貴方からその間違えた知識を消し去ります。
 
そして、次にハイスピードで理想の肉体を身に付ける為に、スポーツ先進国アメリカで学んだ
「肉体改造術」を、最も手間がかからない3ステップ方式で取り組んでいただきます。
 
「スリムだけど筋肉も乗っているソフトマッチョ」、「筋肉バリバリのハードマッチョ」、貴方がなりたい体型をイメージします。
 
そして貴方の生活スケジュールと照らし合わせ、理想体型を作る為の最短距離を測ります。まずは自分の性格や肉体のタイプを見極めることからスタートします。
 
そして、自分が理想とする身体になるために「何が必要なのか」を知ります。
 
そのためには正確なボディデザインの知識が必要なので、しっかりとお伝えします。たったこれだけです。
 
この3ステップを経るだけで、貴方は理想的な身体を手に入れることができるのです。
 
つまり、貴方がこの「メンズボディデザイン」を試すと・・・
このようなメリットを得ながら、なりたい身体になれるのです。
 
それではこのプログラムの気になる中身はというと…誰でも簡単に理想の体形が手に入る秘密とは?どんな体形の人でも理想とする体形を手に入れることは可能です。
 
それを貴方にもすぐに実感していただきます。
オンナが何気なくチェックしている男のパーツの鍛え方男がアピールしたい身体のパーツ以外にも女性がチェックしている男の身体のパーツがあります。
 
メンズボディデザインではそのようなパーツも抜かりなく鍛え、オンナの視線と興味を獲得します。
内臓脂肪を減らし、メタボ体型から最速で脱出するには?
男の敵であるメタボ腹。このタプタプを最短で無くす方法です。
 
これで、お腹にピッタリしたワイシャツを着てズボンのベルトを締めてもポッコリしていませんのでとても誇らしいですよ。
効果のすぐ出る人、なかなか出ない人の違い求める結果をすぐに出せる人達には“ある”共通項があります。
 
それをマスターできれば、貴方が三日坊主でも、気分がノッてなくても、面倒くさがり屋さんでも、全く関係ありません。
3ヶ月でウエストを15cm落とした方法とは?「最近ウエスト周りがたぷたぷしてきた」「体が言う事をきかなくなった」「肥満だと言われるようになった」と悩んでいた男たちが、いかにしてウエストをギュッと絞り込んだのか?
 
そのノウハウを公開します!ガリガリ体形の人でも体をカッコ良く見せる技術どれだけ筋肉トレーニングしても全然筋肉がつかない「ガリガリ君」でも、この技術を活用して「見た目のコンプレックス」を解消し、嫁や娘、男友達など、自分の身体をけなす人達を見返して下さい。
 
脂肪が全然落ちない理由はここにあった!どれだけ貴方が一生懸命トレーニングしても、方法が間違っていたらいつまで経っても貴方の脂肪は減りません。
時間のロスですね。
 
脂肪燃焼の鉄則を理解し、そんな無駄を無くしましょう!
 
理想的な身体を手に入れるための、メンタルの持ち方とは?
自分が求める体を追求する上でほぼ必ずと言っていいほど一度は訪れるのが「心理的な停滞期&小リバウンド」です。
 
それを上手に乗り越えモチベーションコントロールする方法を伝授します。
54歳の彼がボディビルダー並みの筋肉を維持できる理由ボディデザインに年齢は関係ありません。50代になってもバリバリの筋肉の鎧を身にまとうことだって可能です。
 
年齢は気にせず、自分の理想のボディを追求してください。
 
寝ながらラクしてやせる方法とは?
ハードなトレーニングをするのはボディデザインには逆効果です。
 
寝ている間にもラクに痩せていく方法も盛り込んでいます。
食欲をコントロールするための10の方法どれだけ充実したトレーニングをしていても、食欲を抑えられずバカスカ食べてしまったら全く意味がありません。
食欲コントロールはボディデザインのひとつの技術であり、必ずマスターしていただきます。
 
理想の体形を手に入れると、他の病気も良くなるワケとは?
メンズボディデザインを実行しているうちに、10年以上患っていた他の持病も治ったという嬉しい声を多数いただきました。
 
実は体形が改善されると他の症状も自ずと改善されるのにはワケがあります。器械体操の選手なみの“腕のカット”を手に入れる秘訣“カット”というのは業界用語「腕のくびれ」のこと。
 
器械体操の選手の盛り上がる腕の部分はカッコイイですよね。
 
実は鍛え方を知っていれば、一般人でもカットを手に入れる事は簡単です!男の身体作りにとても効果のある“驚きの食材”とは?食のプロも大絶賛!研究者もその効用に太鼓判を押す食材があります。
 
意外に身近なものなので驚くかもしれません。
 
タイミングや食べ方がポイントです!筋肉トレーニングをやるほど体重が落ちてしまう人が間違ってやっている3つのこと体重が増えやすい体質の人がいる一方で、どれだけ筋肉トレーニングをしてもまったく体重が増えないどころか痩せていってしまう人がいます。
 
実は体質だけでなく、この人達には別の原因があるのです。
体重増加で気分が落ち込んだ時でも、慌てないためには?
体重増加の原因をしっかり特定できれば、対策を立てて体重は絞れます。
 
その方法論を知っているか知らないかの違いは大きいです。
 
ちょっとしたリバウンド程度ではびくともしなくなりますよ。
正確に知っておきたいカロリーの正体正しい知識は重要です。
悪者に思われがちなカロリーですがカロリーとはそもそも何なのか、またどのようにすれば減らせるのか正確な理解をすることで、ボディデザインの効果を早めるのです。
 
なぜ、筋肉トレーニング雑誌を読めば読むほど“理想の体”から遠ざかるのか?
スポーツクラブやコンビニによく置いてある筋肉トレーニング雑誌。
 
電車の広告でもよく見かけますね。外国人が表紙のものも多いです。
 
雑誌の愛読者があまりシェイプできていないのは何故だと思いますか?難しい暗記は一切不要!身体に必要な栄養素の簡単な覚え方ボディデザインの前提に、男の身体に必要な栄養の知識があります。
 
でも難しい暗記は一切不要。手っ取り早く理解しちゃってください。
 
トレーニング効果を高めるのにも役立つでしょう。
トレーニングDVDを買っても長続きしない人へ!
体形維持に重要なのは「継続」です。
そのためには、忙しい日常でも簡単に取り入れられる、効果が分かりやすいことが重要です。
 
メンズボディデザインは特にその点を重視して構成されています。
女性とは違う、男の体の基本法則なぜ女性より男性にビール腹が多いのか?
年齢とともに体脂肪が増えるメカニズムは?
など、男の体の基本法則を説明します。
 
適正なプロテインの摂取の仕方とは?たんぱく質の種類、プロテインを飲む量や飲むタイミング、筋肉を効果的に増量する上で必要なプロテインの摂取について熱く語ります。
スポーツジムでパーソナルトレーナーに質問をしても、正確には答えてくれないような内容が多いように見えるかもしれませんが、これらはまだほんの序の口です。
 
メンズボディデザイン実行マニュアル「筋肉をつけながら痩せる」「さらに筋量を増やしバルクアップする」など、“細マッチョ”であろうと“ゴリマッチョ”であろうと、自分の思い通りに筋肉をつけて体形を改善する方法を記載したマニュアルです。
 
たるんだお腹の原因を根本から断つ3つの方法とは?
たるんだお腹を根本的に解決する3つの方法を紹介します。
 
これで体脂肪を確実に燃やしていき、大幅にお腹のたるみを改善します。
 
まず最初に行なっていただく方法です。 筋肉痛を治す上で必要な「シンプルな鉄則」筋肉痛を治す上で理解しておくべき「鉄則」があります。
 
知っておくだけでも回復スピードが全然違う、その秘訣を大公開。
 
貴方は筋肉痛の対策があるとしたら何だと思いますか?
ボディデザインを実行したら6歳若返った!
体形を改善した途端に「5歳若返ったね」「7歳は若く見える」とよく言われるようになります。
 
身体に負担をかけていた日とサヨナラし、イキイキとした日々を取り戻してください。
美味しいものを食べてどんどん痩せていく人達の秘密体を絞るためにはボクサーのようなハードな減量をしなくてはいけない、と思っていませんか?
それは完全な誤解です。
 
実行者の人達は美味しいものを食べながら、どんどん体を絞っているのです。
体脂肪率の超カンタンな落とし方体脂肪率=体死亡率?なんて言われます。
数値が大きい場合はだいたいそれに伴って、他の数値も悪くて「不健康」であることが多いです。
 
ここでは体脂肪率を減らす裏ワザも含めてお伝えします。どうしても飲み会に参加しないといけない!そんな時はどうすればいい?結論から言うと、食事テクニックをマスターすることが必要です。
 
他にも「どうしても甘いものが食べたい!
そんな時にどうすればいい?」と聞かれますが、これも同様のテクニックで解決できます。
 
スポーツジムに全くいかないでもボディデザインできる理由スポーツジムで見ても、本当にカッコイイ体形の持ち主は全体の1割にも満たないという驚愕の事実があります。
実はスポーツジムに行かなくても理想とする体形を手に入れることは可能なのです。
忙しい人には朗報ですね!
 
ストレスと体脂肪の蓄積の関係とは?
日々を闘う男の敵、“ストレス”を一気になくすことでボディデザインの効果が劇的に上がった事例が多数あります。
 
ストレスを思いっきり解消するための30のアイデアをご紹介します。
Tシャツの上からでも分かる、バリバリに割れた腹筋の手に入れ方腹筋を何セットやりまくったところで、バリバリの腹筋にはなりません。
 
実は腹筋を確実に割るにはある計算が必要です。それに基づいた適切な運動が、キレイに割れた腹筋を手に入れる最短距離です。
 
わずか数分で別人に見える!
驚きのボディデザインテクニックとは?
なかなか鍛えにくい身体のパツがある一方で、ちょっとした工夫を加えるだけで見た目に大きな変化が生じるパツもあります。
 
ほんの数分で「別人のように良くなった」と言われるテクニックが存在します。
体のパーツ毎の集中的な筋力アップ法「肩」「太もも」「二の腕」など、体のパーツ毎に効果抜群!
 
負荷のかけ方や筋肉の休ませ方、最適なセット数などの筋肉理論、短時間で手っ取り早く鍛えるトレーニング法を教えます。
 
脂肪が蓄積されない食事術とは?
単に脂肪が増えない食事術をマスターできるだけじゃありません。
 
食べてもお腹が出ず、食事をしてもベルトをゆるめなくていいので女性との食事もさらに楽しくなります。
貴方にとって“最も適切な”身体の数値の算出方法貴方が筋肉トレーニングやダイエットをしているのは、体重やウエストなど、なにか具体的な数値目標があるからですか?
それは適正な値ですか?
 
そんな目標を持っていなくても、“最適な”数値を得る方法があります。
 
95%の人がもっている「トレーニングに関する誤解」とは?
「こうすれば細マッチョになれる」という“トレーニング神話”や“ダイエット神話”が世には溢れ返っています。
 

日本人男性専用トレーニング公式サイトへ

日本人男性専用トレーニング
関連記事
  • 日本人男性専用トレーニング

    NY発!ボディデザイン法

    「アメリカ料理はビックリするほど量が多い。」「ステーキをオーダーしたら、ありえないサイズの肉の塊が出て来た。」アメリカの食文化について、あなたもこんなを聞いたこ ...

    2019/05/23

    メンズボディデザイン

トラックバック
トラックバックURL