ワークアウトで効率よく筋肉をつけるために

ワークアウト 筋トレ メニュー
Pocket

ワークアウトに対する意識改革を行うと同時に、よりワークアウト効果を高めるためにも注意するべきことをしっかりとおさえておきましょう。
体重を気にしすぎて食事を摂れていない。
これはよくある問題です。
過剰にカロリーを摂取すると、余分な脂肪を蓄積してしまうということを皆知っています。
そのため、厳しい食事制限をしてしまい、かえってワークアウト効率を下げてしまう場合があります。
正しい知識・正しい方法でワークアウトを行っていればカロリーというのは筋肉に変わります。
栄養不足は体の機能全般に悪影響をもたらし筋肉の機能をも低下させ、脂肪の燃焼を妨げます。
過剰な栄養不足は、エネルギーを消費する際に必要となる筋肉を減少させてしまいます。
また、栄養不足による一時的な飢餓状態は、ホメオスタシス機能を働かせ緊急時用にエネルギーとして、脂肪を溜め込もうとします。
筋肉を効率よくつけるのであればたんぱく質を多く含むバランスの良い食事をとる必要があります。
有酸素運動をやり過ぎる。
これは、有酸素運動はやり過ぎると、筋肉を低下させる場合があるからです。
有酸素運動ばかり長時間行ったり、空腹時に行うと筋力が低下するケースがあります。
筋肉をつけるにはある一定以上のカロリーが必要ですが、頻繁に有酸素運動を行う事によって、その筋肉を作るのに必要なカロリーを消費し過ぎてしまうのです。
長時間の有酸素運動とは目安として45分以上、空腹時の有酸素運動とは朝食前などに行うエクササイズなどが該当し、筋肉を減少させてしまう原因となります。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL