ワークアウトの意味がわかるとどうなるか

ワークアウト 筋トレ メニュー
Pocket

「ワークアウト」という言葉は、アメリカでは体を動かしたり、鍛えたりすることを指します。
アメリカでは、ワークアウトという言葉は、解決策といった意味で用いられます。
この「ワークアウト」と「トレーニング」の意味の違いを知り、それぞれを理解すると、今までの「トレーニング」とは全く違った心構えで身体を鍛えることができるようになります。
不摂生による健康上の理由により医者にジム通いを余儀なくされた、といった例外を除けば、普通はジムに通って体を鍛えるということは、自発的に行っているはずです。
しかし、本当の意味を知った上で「トレーニング」と言ってしまった途端、「今日もジムに行かなくては」「決められたメニューをやらなければ」といった具合に、自発的ではなく「強要」や「義務」のようなニュアンスが含まれてしまうのです。
そんな風に思っていてはいいパフォーマンスができるはずありませんし、継続させることが難しく、なにより身体を鍛えることが楽しくありません。
現在の日本のワークアウトジムの現状自体、毎日ダラダラと長い時間バーベルを持ち上げる不効率さが目立っており、まさに「トレーニング」といえます。
このような現状を打破するためには、一人ひとりが「身体を鍛える」ことの意識改革を行う必要があり、意識が変わるとワークアウト効果も変わってくるのです。
まずは手始めに、「トレーニング」という言葉をNGワードとして、「ワークアウト=解決策」を根付かせるようにしましょう。
意識を変えるのが先か、言葉を変えるのが先か、どちらが先かはあまり重要ではなく、こういったことを心掛けてワークアウトを習慣化させると、動作一つ一つの目的がはっきりとし、メリハリがつきます。
それがワークアウトに対する心構えを変えることとなり、ワークアウト効果をより高めより良い方向へ身体を変えることに繋がっていくのです。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL