ワークアウトの正しいやり方

ワークアウト 筋トレ メニュー
Pocket

ワークアウトの正しいやり方。
これをご存じでしょうか。
ただ、やたらと運動すればいいというわけでもありません。
やはり何に対してもそうですが、正しいやり方があるんです。
まず、朝食前の起床時の体というのは、既に筋肉を縮小させる分解作用が働いています。
朝食前のエクササイズというのはその分解作用をより促すこととなり、筋肉の成長の妨げとなります。
効率よく筋肉をつけたいのであれば、朝食をしっかり食べることも大事となってきます。
さらには、体を酷使し過ぎていたりしませんか?
エクササイズはすればするほど筋肉がつくと思っている方も中にはいるかもしれません。
しかし、実際にそんなことはなく、鍛えている筋肉群の合計セット数が多かったり、1セット当たりこなす回数が多いエクササイズというのは、一見筋肥大を起こしているように思いますが、実は血流が変化したことによるそパンプアップであり、筋肉が成長しているわけではありません。
数をこなせるようなワークアウトメニューは筋肉を成長させる負荷としては不十分であり、望むようなワークアウト効果はなかなか得ることができません。
ストレッチは、ダイエットや筋肥大に絶大な効果をもたらしてくれます。
ストレッチには血行を促進させて身体の疲労回復回復、筋肉の動きをスムーズにし、筋線維がより成長できるようにスペースを多く設けようとする作用を持っています。
エクササイズでは筋繊維を壊し、修復されることで筋肥大を起こしますが、ウエイトトレーニングのような高負荷のトレーニングでは身体を壊すリスクもあるため、日々のストレッチは非常に重要となってきます。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL