ワークアウトを正しく行うためには?

ワークアウト 筋トレ メニュー
Pocket

ワークアウトを正しく行うためには正しい生活の送り方も重要になります。
食事間隔が空けすぎてしまっている場合も筋肉の強化には悪影響をもたらすことをご存じですか?
食事間隔に空きがありすぎると、代謝機能の低下を招き、食事をとる毎に脂肪として溜め込みやすくなってしまいます。
また、食事間隔が長すぎると、一時的な飢餓状態を脱するために、筋肉が分解されてエネルギーとして消費されてしまうのです。
不規則な生活習慣を送ることが多い現代人にとって、規則正しく食事を摂るということは思っている以上に難しいものです。
しかし、食事と食事の間隔も意識してやらないと、あまりに長すぎると筋肉をエネルギーとして消費し、脂肪を蓄積しやすい体となってしまいます。
1日の総摂取カロリーにも気を付けながら、食事間隔にも気を付けましょう。
できれば食事と食事の間隔は7時間以上は空けないようにしましょう。
ダイエットをするにあたっても、あまり空腹時間が長くない方がいいでしょう。
一気に食事をとることによって死亡をため込みやすくなってしまいます。
また、毎日同じ負荷のトレーニングメニューをこなしていても筋肉は成長しません。
トレーニング負荷を変えてやらないと、体を同じサイズに保つ事はできても、より筋肉をつけて体のサイズを大きくすることは難しいのです。
身体への負荷を限界まで高めたトレーニングを行い、段階的に更に強度を上げていってやることで筋肉は成長するのです。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL