筋トレの種類って??

ワークアウト 筋トレ メニュー
Pocket

ダイエットをしたい方や筋トレをしたい方って沢山いるかと思います。
さて、その筋トレの種類は大きく分けて5種類あるって知っていますか?
それは「自重トレーニング」「ダンベルトレーニング」「バーベルトレーニング」「マシントレーニング」「体幹トレーニング」です。
これに加えて、最近では「チューブトレーニング」「バランスボールトレーニング」なども盛んになってきています。
自重トレーニングは腕立て伏せなど器具を使わずに自分の体重を使う筋トレ、ダンベルトレーニングは自宅でも行いやすいダンベルを使う筋トレ、バーベルトレーニングは大きな器具がいるものの効果が高い筋トレ、マシントレーニングは主にジムで行う筋トレ、体幹トレーニングは通常の筋トレでは鍛えにくいインナーマッスルを鍛える筋トレです。
また、チューブトレーニングは自重トレーニングの仕上げに最適で、バランスボールトレーニングは表層筋(アウターマッスル)だけでなく同時に深層筋(インナーマッスル)も鍛えられるという特徴があります。
上半身の押す筋肉グループ。
上半身の押す動作の筋肉には、大胸筋(胸の筋肉)、三角筋(肩の筋肉)、上腕三頭筋(上腕後側の筋肉)があります。
大胸筋は上部・下部・外側・内側の4部位に、三角筋は前面・側面・後面の3部位に、上腕三頭筋は 長頭・内側頭・外側頭の3部位に分けられます。
効果的な筋トレメニュー・鍛え方としては、腕立て伏せ、ベンチプレス、インクライン・デクラインプレス、ダンベルプレス、ダンベルフライ、ディップ、フロント・サイド・リアレイズ、アップライトローイング、ショルダープレス、プレスダウン、フレンチプレスなどが知られています。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL