自宅でダンベルを使った大胸筋の鍛え方

ワークアウト 筋トレ メニュー
Pocket

ダンベルって案外筋トレマニアの方なら持っている人も多いですよね。
大胸筋ダンベルトレーニングのメインとなるのが大胸筋全体に効くダンベルプレスです。
そのポイントは、可能な限り深く下ろすということです。
これをしなければ、ダンベルの最大の利点を活用できていないと言えます。
◆動作のやり方とポイント
・肩甲骨を寄せて構える
・息を吐きながらダンベルを上げる
・できるだけ深くダンベルを下ろす
ダンベルを使った大胸筋トレーニングでもう一つ効果の高い種目がダンベルフライです。
腕を閉じる時に、ダンベル同士を押し当ててさらに腕を突き出す動作をすると大胸筋が完全収縮して効果が高まります。
◆動作のやり方とポイント
・拳は肩よりヘソよりで動作する
・できるだけダンベルを深く下ろす
・最後に大胸筋を完全収縮させる
大胸筋は非常に面積の広い筋肉で、大きくは上部・下部・内側・外側に分けられます。
腕を斜め上に押し出す時には上部が、斜め下に押し出す時には下部が、腕を開閉するときには外側と内側がそれぞれ主体となって働きます。
このことを意識してトレーニングを行うと、より効果的です。
○大胸筋上部:腕を斜め上方に押し出す
○大胸筋下部:腕を斜め下に押す出す
○大胸筋内側:腕を前で閉じる
○大胸筋外側:腕を横から閉じる
ダンベルの可動域の広さを最大限に活用するようにしましょう。
大胸筋トレーニングのメインとなるのが大胸筋全体に効くダンベルプレスです。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL