自宅で三角筋を鍛える筋トレメニュー

ワークアウト 筋トレ メニュー
Pocket

自宅やジムのどちらでも行える三角鍛える筋トレメニュー・鍛え方の代表格がサイドレイズです。
ダンベルを用いて行います。
初心者の方が特に気をつけるポイントは
・反動は使わない…反動を使うと刺激が僧帽筋に反れます。
・降ろす時も制御する…降ろす時に重力に逆らうことにより効果が増します。
・座って行う…立って行うと下半身の反動を使ってしまいます。
自宅での三角筋トレーニングとしてもう一つおすすめなのがダンベルショルダープレスです。
立って行うやり方もありますが、座って行ったほうが反動を使えないので、よりストリクトに三角筋を鍛えることができます。
◆動作のやり方とポイント
・背すじを真っ直ぐに保つ
・反動を使わない
・下ろす時もゆっくり動作する
また、自宅でタオルを使って広背筋を鍛えることもできます。
広背筋のなかでも逆三角形体型に大きく関わる広背筋側部は、上から腕を引く動作で鍛えられるため、懸垂器具やケーブルマシンのない環境の自宅トレーニングでは鍛えにくい筋肉部位です。
広背筋側部をタオルを使って集中的に鍛えることができます。
やり方は簡単です。
○両手で真横にタオルを強く引く
○肩甲骨を寄せながら動作をする
○肘を斜め下方に絞りながら引く
タオルさえあれば、すぐにできると思いますのでまずは試しに動作をしてみてください。
広背筋側部に集中的に負荷がかかることを体感できるはずです。
まずは自分いできるところから始めてみましょう!

関連記事
トラックバック
トラックバックURL