自閉感を少しでも緩和するための運動

筋肉 付け方
Pocket

自閉症を改善するために筋肉をつける運動をしてください。
もし自閉症として苦しいなら「一時緩和」の運動があります。
それは、「声を出してアフレコの練習をすることです」。
アニメのアフレコ収録と同じ流れで自分の感情表現をするための運動をします。
まずは、柔軟体操をして外の空気にふれてください。
そして、体力トレーニングを少々つづけます。
そのあとに、呼吸法のトレーニングをします。
さらに進んで、
腕力を重視したトレーニングをしていきます。
これは「体力と気持ち」の両方を
バランスよく鍛えていく訓練の基礎です。
1.土手沿いを走りこむ
2.さんぽを日課にする
3.柔軟体操をする
4.入浴を1日2回は実施する
5.声を出したり表情筋を鍛える
6.動きやすい軽い服装にする
7.体の筋肉の余計な力を外す(こわばりが抜けてリラックスします)
この一連のながれを続けていくことで自然と筋肉は回復していきます。
日常のなかで筋肉を使わない状態が長く続くようであれば呼び覚まして鍛えましょう。
筋肉は自然とついてきます。
勝手に筋肉がつくことは内容ですが、気持ちを切り替えると自然と筋肉はついてきます。
当然ながら結果もついてきます。
いまからでも眠っている筋肉を呼び覚ましてみませんか?きっと良いことがあるはずです。
いかがですか。
これは、私の実体験から話しているので個人差は非常に大きいと思います。
何とかいろいろな人に知ってもらえるとうれしいとおもいます。
ぜひ参考になさってください。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL