40代、50代男性のための筋トレプログラム


15年連続NO.1のパーソナルトレーナー監修 の 40代、50代男性のための筋トレプログラム

 

ストレッチで体のケアを行いながらの自宅トレーニング。道具は使用しません。
 

体を根本から整え、かっこいい体へと変えていきます。

 

指導歴26年、全国売り上げ15年連続NO.1のパーソナルトレーナー監修。

気持ちはまだ若い50代は、太くなったウエスト、落ちた体力を戻したいがために、無理をしてトレーニングしがちです。
 
トレーニングに関する知識があまりないのに無茶なトレーニングをすると、肩や腰などの故障を引き起こします。
 
そうしてケガをした結果、トレーニングを休まなければならず、この繰り返しのため大事な時間を無駄にシてしまいます。
 
それを防ぐために登場したのが「50歳から始める筋トレ」です。
 

 

PDFではトレーニングのプログラム紹介のほか、食事に関して詳しく説明し、食事をいつ取って、トレーンングはいつすればいいのか?という現場に長くいるトレーナーだからこそ知っているテクニックであふれています。
 
動画ではストレッチを1つひとつ説明し、トレーニング前後のレッスン形式ストレッチもあります。
 
トレーニング動画では、エクササイズを長年一般の方に対して指導してきた点から、間違えそうなポイントを全て指摘しながら紹介しています。
 
ただやるだけと、この通り行うのでは聞き方が全然違ってきます。

 

プログラムの長さは敢えて決めていません。

自分が十分正しく出来るようになったと思ったら、次へ進み4段階に分かれています。

早くて4~6週間、50代だけにじっくり行うなら4ヶ月かけていきます。

ケガをできるだけ回避しながら理想の体を作るプログラムです。
 

30代と50代の体の違いとは?

若いころと比べて50歳を過ぎる頃には、一体体の何が違うのか?

その違いが、トレーニング、体作りにどう影響するのか?

 

痛みの原因と説明

・様々な肩の痛みの種類と原因の説明

・腰に痛みが出る原因の説明

・腹筋が弱い場合の問題について

・股関節の痛みの原因の説明

・膝の痛みの問題の説明

 

ストレッチ

問題を改善するための肩、腰、股関節、首、膝の各箇所の詳しいストレッチの紹介と説明

トレーニング前または毎日行うショートストレッチ(見ながら行うレッスン形式)

トレーニング後に行うストレッチ(見ながら行うレッスン形式)

 

トレーニング

トレーニングプログラムの進め方と全体の説明

初期トレーニング:体を整える 自分の体を支える静止運動 インナーマッスル強化 柔軟性向上

第2期トレーニング:ゆっくり動く基本エクササイズ 正確なフォームの習得

第3期トレーニング:鍛えるべき筋肉にきちんと効かせる 筋肉への集中

第4期トレーニング:追い込んで筋発達 様々なテクニックを使って

    (上記4期全てのエクササイズを紹介、説明していきます。)

 

トレーニングプログラムの構成と進め方

トレーニングプログラムの詳細
行う頻度と進めるスピード

 

有酸素運動の行い方

有酸素運動を行うタイミング
効果的な方法(昔の常識は過去のもの。新しい概念を学ぶ。)

 

下腹部につきやすい50代の体脂肪の落とし方

よりお腹に体脂肪がつきやすい50代は何をすればいいのか?

 

疲労回復と筋肉を作る食事法

体脂肪を落とし、筋肉を作り、疲れにくい体を作る栄養の説明と摂り方
食事のタイミング次第で疲れにくくなる秘密

 

炭水化物の摂り方

炭水化物の種類と摂り方で満腹でも体を変える方法
炭水化物ゼロの危険性
同じ量でも満足度アップの炭水化物

 

生活習慣病になりにくくする食事法

内蔵を健康にする食事
体に負担をかけない食べ方
 

詳細は公式サイトをチェック!


15年連続NO.1のパーソナルトレーナー監修 の 40代、50代男性のための筋トレプログラム