NY発!ボディデザイン法

メンズボディデザイン
Pocket

「アメリカ料理は ビックリするほど量が多い。」「ステーキをオーダーしたら、ありえないサイズの肉の塊が出て来た。」
 
アメリカの食文化について、あなたもこんなを聞いたことがあると思います。
 
アメリカ人の1日の摂取カロリーは平均3774kcalと、驚くほどの高カロリーです。
これは、ハンバーガー(1個約250kcal)に換算すると約15個分にあたり、日本人の1日の摂取カロリー平均2761kcalより、1000kcal以上も多いことになります。
 
日本人がアメリカ人と同じだけ食べるとメタボ体型は確実で、欧米圏へ留学や長期旅行に出て、太って帰ってくる人は実際に多いです。
 
しかし、これだけ食べても、日本人よりも引き締まったセクシーな体型の欧米人は確かに存在します。
 
この理由は何でしょう?

人種の違い?毎日の厳しい筋トレ?日本には無い やせる薬を服用?
 
中には太り難い体質の人、毎日ハードな筋トレを続けている人、特別な薬を服用している人もいるかもしれません。
 
しかし、これは日本でも同じ状況です。
 
重要なことは、体質や毎日のハードな筋トレ、薬品に頼ることなく、カロリー大国USAで、セクシーボディをキープしている人達が存在しているということです。
 
未だ、多くの日本人が知らない、特別な方法で…。
 
その方法とは?
 
なぜ、アメリカの一部の人達は、高カロリーな食事を毎日のように食べても、引き締まったカラダを維持できているのでしょうか?
 
その理由は、流行の最先端の都市NYで生まれた筋トレ、「ボディデザイン法」です。
 

日本人男性専用トレーニング
トラックバック
トラックバックURL